So-net無料ブログ作成

輸送船団鹵獲作戦のコンテナ調査。 [銀河英雄伝説タクティクス]

プレオープンから続けている銀河英雄伝説タクティクスですけど、
こちらは日記に書くほどでもないや・・・と Twitter に書いたり貼る
だけにしていたのですけど、検証したいことがあったので、これを
Twitter に貼りつけるとテロになりそうだから、ブログにしました(こなた)

まあ・・・プレオープンから色々とあったし、今も色々とありますので、
さほど突っ込んで書くこともなく、艦これとウインドウを並べて遊んで
いるのですけど、どうしても気になったので、これだけは調べました(@まじ)

輸送船団鹵獲作戦の通常、特殊、機密の各種コンテナから得られる
ポイントは、それぞれ上限と下限は幾らに設定されているのか・・・?(@ほのお)


しばらく前ですけど、特別警戒 +150% に特効ルッツ +50% をつけて
通常コンテナ 22pt というものを引いたときに、ちょこっと計算モデルを
予想して Twitter に貼り付けたことはあります。



でも、この時点では得られているサンプルが少なすぎて、計算式が
切り上げなのか、四捨五入なのか、そこまでは分かりませんでした。

この時は、それほどポイントの低さは気にしていなかったのですけど、
その後・・・



特別警戒 +150% と特効ルッツ +50% で、ほとんど見かけない 22pt と
28pt という、とても低いポイントを同時に引いたことが、どうしても納得が
できなかったので、ボーナス増加分のない素のコンテナポイントを調べる
ことにしました・・・、サンプルは極級 100 周 ( 600 コンテナ) としました。

すでにイベント交換は全て終わってますけど、せっせとイベントマップまで
出撃して 100 周分のデータが集まったところ、良いタイミングで Twitterの
#銀英伝tac タグに、残念な特別警戒リザルトを引いた方の画像がアップ
されて、それを見ると良い情報が載っていたので、引用させてもらいます(ん))



特別警戒 +150% と、おそらく特効ユリアン +25% がついた状態で、
20pt と 25pt が出ているリザルトから、計算式は、ほぼ分かりました(@ぐらさん)

 ボーナス増加分がない、素のコンテナ値を n としたとき
 n + (( n * 特効キャラ増加%)を四捨五入) + (( n * 特別警戒+150%)を四捨五入)

これで、特効 +150%+25% と、+150%+50% で、20pt、22pt、25pt、28pt が
得られるとしても全てが成立しますので、たぶん、こういう計算式だと思います。
c# だと、Round 命令で繋いでるという感じでしょうか。


さて、極級 100 周分のデータですけど、あとで確認できるように
全て画像として保存して、csv に書き起こすという作業にしました。
ちなみに極級は帝国ですけど、同盟の極級と違いはないっぽい?(@まじ)

gin_0048a.jpg


こちらが、特別警戒なし、特効キャラなし、ボーナス 0% 時のコンテナ
取得ポイント一覧・・・、これについて色々と考察してみることにします。

gin_0048b.jpg

まず、コンテナの数量ですけど、100 出撃で 600 個を回収しています。
通常、特殊、機密の、それぞれのコンテナ個数は、次のとおりです。
 通常コンテナ ・・・ 267個
 特殊コンテナ ・・・ 224個
 機密コンテナ ・・・ 109個 合計 600 個

出現割合を計算すると、通常 44.5%、特殊 37.3%、機密 18.1% で、
コンテナの出現確率は、50%、35%、15% くらいの設定でしょうか?(@まじ)


上のコンテナ一覧を種類ごとにまとめて、さらに数値ソートしてみると、
なかなか面白いコンテナの情報が見られることと、ちょぉっと補足する
ところもあるので、この通常コンテナ画像の下に書くことにします(ん)b

通常コンテナ 267 個分

gin_0048c.jpg

今回の検証では、通常コンテナから得られるポイントが 8 ~ 99 という
範囲になっています。おそらく 99 は上限だと思いますけど、下限は 8
ではありません。今回の検証 100 出撃で 7pt を引けてないためです。

特別警戒 +150% と特効ルッツ +50% で 22pt を引くケースと、
Twitter から引用した、特別警戒 +150% と特効ユリアン +25% で
20pt を引くケースは、素のコンテナが 8pt では成立しません。
これは 7pt でないと当てはめられる計算方法がないので、おそらく
通常コンテナの下限は、少なくとも 7pt は存在しているはずです。

また、得られるポイント 30 ~ 72 の範囲は段階的に変化しますけど、
とくに低い 8、10 や、20 台、高めの 77、79、83、さらに高い 99 は、
単純な a ~ b の範囲から、ポイントをランダムに決定する方法では
取得していないと思います。その間を埋める数値が全く出ないのは、
ちょっと不自然に見えます。

通常コンテナは、期待されるポイント範囲の他にも、とくにハズレか、
とくにアタリと考えられる、極小と極大のポイントを決定する、なにか
特殊な計算方法か、もしくは数値テーブルの設定がありそうです。

この傾向は、次の特殊コンテナでも見られます。

特殊コンテナ 224 個分

gin_0048d.jpg

特殊コンテナから得られるポイントは、今回のデータで見つけられた
範囲では、43 ~ 165 ということになりますけど、43、46 がとくに低く、
144 の上が 165 まで開いて、その間の数値が取れませんでした。

これも、43、46 がとくにハズレで、165 は大当たり、となりそうです。

さらに、機密コンテナでもおなじ傾向になっています。

機密コンテナ 109 個分

gin_0048e.jpg

こちらのコンテナは 129 ~ 281 の数値が得られていますけど、とくに
129 と 132 が低く、281 が飛び抜けて大きくなっています。もし 281
という機密コンテナを引くと、特別警戒 +150% だけでも 703pt になり、
さらに特効ルッツと特効ユリアンもいれば、機密 1 個で 917pt です(@すき)


回収したコンテナの種類、特別警戒時間、特効キャラクターの有無で
このような範囲のポイントから足し算で得られる可能性があります。

gin_0048f.jpg

基本ポイントは、コンテナに倍率が掛かっていない素のポイント、
警戒ポイントは、コンテナから得られる可能性があるポイントに
+150% した数値
特効ポイントは、コンテナから得られる可能性があるポイントに
特効キャラクターの効果 +25%、+50% の倍率を掛けた数値

  基本 + 警戒 + 特効25% + 特効50% = 獲得ポイント

こういう計算で、あるボーナス状態で期待できる最大値、最小値が分かります。


今回の検証は、第2回輸送船団捕獲作戦でのコンテナ状態を調べたので、
おそらく開催されると思われる第3回にも通用するかどうかは分かりません。
まあ・・・こんなところを変更してくるとも思えないですけど・・・

結局のところ、特別警戒タイムに、特効キャラクターをつけていると、やたら
低いポイントを引きやすい原因までは、どうしても分からないままなのでした。

ですけど、特効キャラクターを付けているのが原因なのか、それとも特別警戒
時間にコンテナを回収することが原因なのか、どちらかの理由によってハズレ
となる最小値グループを引きやすい傾向は、たぶんあるのでは・・・と思います。

そうでないと、ボーナスのない時間にイベントマップを周回して、ほとんど出ない
最小値グループを、特別警戒では一気に 2 個も引いてくるというのは、ちょっと
確率としては考えにくい低さだと思うので・・・。

いちおう、なんかおかしくないですか?と問い合わせだけ送ってみようかな(@まじ)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。