So-net無料ブログ作成

提督さんと山城さん。 [艦隊これくしょん]

提督さん 【 Lv 34 】
さすがに提督さんの司令部レベルが上がらなくなってきました(@ぺこ)
でも、そんな数字に興味はないのです、お好み艦隊を作るだけ(@ぐらさん)

山城さんと扶桑さんが姉妹だけあってそっくりさんなので、名前
だけ見ても絵柄と一致しないことが多いかったですけど、最近は
区別がつくようになってきました・・・、手を見れば分かるんだ、と(@まじ)

その手に、どんなことを思っているか、書くことはやめておくです(こなた)

扶桑さんはレベルが上がらない戦艦さんチームにいるのですけど、
なぜか山城さんはどんどんレベルが上がって改造可能な Lv20 に(@まじ)
被弾すると温泉旅行ですけど、被弾しないと主力艦隊に残るから、
山城さんの方が戦闘で回避してるか、狙われてないってことかな(@ぐらさん)
kc_0020a.jpg


改造コストが苦しいと思ったことはないけど、燃料はいつも苦しい(@まじ)
提督さんは遠征チームに海底油田の調査と削掘も検討するべき(@ぐらさん)
kc_0020b.jpg


こっ、これは・・・、Black Dragon Shield !! (@びっくり) ← MMO 脳
山城さんは黒龍の化身様だったのかっ、恐るべし(@ぐらさん)
kc_0020c.jpg


改造して貰ってきたものは、高級ランクの偵察機っぽい艦載機と、
大量に余ってるノーマルランクの零式水上偵察機、これいらない(こなた)
35.6cm 連装砲クラスの主砲は余ってないので開発クエで作ろう(@ぐらさん)
kc_0020d.jpg



おまけの落書き(こなた)



提督さん「工廠の職人しか話すことができない箱入りのお嬢さんか。
       うまいこと言ったもんだね、いやホント」
山城さん「箱入りの箱ってドックのことですよね。
       あの噂、ひどくないですか?」
提督さん「ははっ、まあまあ。 噂なんか気にしなさんなって。
       しかし、こりゃまた立派になって帰ってきたもんだね。
       ずいぶんと勇ましくなって、もう箱は必要ないかな」
山城さん「もう、提督まで箱、箱って・・・。
       わたしだって外に、海に出てみたかったのですよ?
       でも、みんな気軽に出ちゃいけないって言ってくるし。
       もっと検査したいって工廠さんからドックに放り込まれるし」
提督さん「はは、お前さん、とびっきりの美人さんだからな。
       悪いやつに引っ掛かったら大変だって心配してくれたのさ」
山城さん「えっ、あの・・・そうなのでしょうか?
       わたしなんかよりも姉さまのほうが・・・」
提督さん「そうか、お姉さんがいるんだったな。
       お前さんじゃなくって、お前さんたち、だ。
       ま、お偉いさんってのは、いい女は隠したがるもんでね。
       穴を掘って大切な骨を隠そうとする犬と一緒なのさ。
       なかなかね、悲しい生き物なんだよ」
山城さん「あれ? ですけど提督は・・・。
       姉さまも、私も、これといって隠してないですよね。
       たくさん外で遊んでこいと艦隊に放り込まれてますし」
提督さん「オレはね。 美人だからってひな壇に飾ることはできないんだ。
       どれほどの美人さんでも、きっちりと仕事はしてもらうのさ。
       なんたって安月給でこき使われてるサラリーマン提督でね。
       いつも懐が寒くってしょうがない」
山城さん「ふふっ、しっかりと提督の懐のために頑張らないと」
提督さん「それにね、ドレッサーってやつはオレが掃除しちゃいけない。
       ひきだしに女の子の秘密が隠されてるかもしれないからな。
       まさしく司令室における男子禁制の領域ってやつだ」
山城さん「私、ほとんど使ったことがないのですよね・・・。
       そうそう、私・・・おかしなお色直しをされたのですけど?」
提督さん「ん? ああ、ちょっと大胆な改造をしてもらってね。
       どこの工廠でも艦の近代化ってやつに取り組んでる。
       だが、ちょっと方針とか色々とあってね。
       お前さんの近代化は正規の手続きじゃないからさ」
山城さん「もしかして、私・・・また欠陥戦艦って言われるのでしょうか」
提督さん「ありゃ、なんだかトラウマになっちゃってるね。
       実は、幾つかの戦艦に航空性能をつける改造計画がある。
       ただ、残念ながら、お前さんは計画から外されちまった」
山城さん「そんな、計画から外されたって・・・やっぱり私、不幸なのね。
       それで、あの・・・姉さまは?」
提督さん「ああ、姉さんも一緒に計画から外されたよ」
山城さん「なんということでしょう・・・、不幸だわ」
提督さん「だがね、ドレッサーの前に立って自分の姿を見てみなよ。
       ちゃんと航空性能がついた戦艦に生まれ変わってるだろ?
       なぁに、ようやく箱から出てきてくれた美人さんだ。
       いじけちゃって、また箱に篭っちゃったら残念だからさ。
       オレが工廠に出向いていって職人に改造を頼み込んできた。
       勝手にやっちまえ、ってね!」
山城さん「提督、わたしのために、そんな・・・。 でも、怒られるのでは?」
提督さん「なぁに。 バレなかったら平気じゃないの? なーんてね。
       ま、知らんふりをしていたいところだが、
       お前さんから砲台を取っ払って飛行機なんか載せてたら、
       あっさりバレちまうだろうな。
       そいつは違います、おそらく最上改のやつです、とでも言っとくか」
山城さん「ふふっ、そんなの通じないに決まっているじゃないですか」
提督さん「ま、そうだよな。
       とりあえず、請求書はオレが偉いさんに手渡してやるつもり。
       どれほど驚いてくれるか楽しみだね」
山城さん「あの、私は感激ですけど・・・、提督のことが心配です」
提督さん「いやいや。 まさに今、オレは心配してもらって感激してるさ。
       なにも気にすることはない。 怒られるのも仕事のうちってこと。
       ほら、先手を打って反省文はたくさん書いてあるんだ」
山城さん「もう、提督ったら・・・。 あっ、その・・・姉さまの予定は?」
提督さん「ああ、お姉さんの方はね、もうちょっと先だな。
       お前さんは艦隊に入って出て行っても怪我なく帰ってくるが、
       お姉さんは、あっちこち打ち身しちゃって温泉の常連さんだな。
       ま、敵さんも遊びじゃないってこと。
       ちゃんと狙ってくるし、やっぱり当たれば怪我しちゃうのさ」
山城さん「あの、提督・・・。 姉さまのこと、よろしくお願いしますね」
提督さん「はは、大丈夫。 任せておきなって。
       せっかく書いた反省文、ちゃんと使ってやらなきゃな。
       そうしないとさ、オレの苦労が水の泡になっちまう。
       けっこうな力作でね、意外と褒めてもらえるんじゃないの?」
山城さん「ふふっ、心配しなくても提督は余裕ですのね。
       それでは、私・・・これで失礼しますね。
       はやく姉さまに見てほしいから探しに行ってきます」
提督さん「ああ、美しくて勇ましい姿、お姉さんだって喜んでくれるさ。
       あっ、そうだ。ついでに宣伝もよろしく。
       うちの提督はとっても頼りになるイイオトコってね。
       うっかり頬を染めて話しちゃって誤解されないように」
山城さん「あら、そうですね。
       今なら、顔を隠せるちょうどいい飛行甲板があるの。
       ふふっ、ご心配なく」
提督さん「おっと、オレと話すときはそいつで顔を隠さないでくれ。
       昔、やっつけたことがある暗黒龍の顔とそっくりでさ。
       咬みついてこないか心配になっちゃうんだ」



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。