So-net無料ブログ作成

提督さんと司令部通信。 [艦隊これくしょん]

提督さん 【 Lv 39 】
欲しいものが出ないというのは、課金、無課金、クライアント型、
ブラウザ型、あらゆる状況下に関係なく、抽選タイプの宿命ぽい(@ぐらさん)

たぶん、あと残ってる空母は瑞鶴と瑞鳳だけで、わたしにとって
「 瑞 」 と名についた艦艇が鬼門になってる様子・・・、空母建造
レシピを回して燃料が減り、艦隊運用で燃料が減り、在庫僅少(@あれ)
燃料 4 とか 2 とかまで減ったこともあって、お風呂も沸きません(@はず)
kc_0026a39.jpg

なぜか燃料のわりにボーキサイトが異常に多いみたいですけど、
それなりに航空戦隊を飛ばして空爆しまくってるわりに減らない(@まじ)


空母クラスに配備する、★ 2 ランクの戦闘機、攻撃機、爆撃機は
だいたい揃ってきたので、もう★ 1 ランクの飛行機はスクラップに
なってる感じ、★ 3 ランクは揃い難いけど彩雲はたくさん余ってる(@あれ)
kc_0026b39.jpg



あとは、おまけの落書き(こなた)



翔鶴さん「提督、いらっしゃいますか?」
提督さん「東に進んだところ。
      ボーキサイトのコンテナがよく浮かんでるって話。
      航空戦隊が多い艦隊は、ぜひ拾っておきたいね」
翔鶴さん「あの、提督?」
  電さん「司令官さん、今はラジオで生放送中なのです」
翔鶴さん「ラジオ? 生放送?」
提督さん「おっと。 うちの子が司令室にやってきた。
      ちょっとは仕事してるところも見せとかなきゃね!
      補佐艦の電ちゃん、ちょっと代わってくれ」
  電さん「はわわっ!? そんな、むりむりむりなのですっ!」
提督さん「ま、いきなり繋げと言ってもそりゃ無理か。
      こいつを朗読しといてくれりゃいいさ」
  電さん「えっ、あ、あの・・・童話? ・・・人魚姫・・・・・・」

翔鶴さん「あの、いったいこれは?」
提督さん「ちょっとラジオに凝っていてね。
      司令部って何してるのって番組に割り込んでたのさ。
      うちからの無線を中継してもらってるんだ。
      ま、オレは宣伝してないし、知らなくっても無理ないね」
翔鶴さん「あの、もしかして・・・お邪魔だったかしら」
提督さん「いや、構わないさ。
      それで、どうかしたのかい?」
翔鶴さん「はい。 新しい航空機が到着する話が届いたのですけど、
      その、知らない機体でしたから、説明を聞きたいな、と。
      あとは発着訓練の申請です」
提督さん「ああ、流星改のやつだな。まだ試作の最新型でね。
      九七艦攻と入れ替えだと、次の次の次ってほど世代が違うかな?
      ま、後継機の性能チェックをかねて先取りってね」
翔鶴さん「まあ! 嬉しいです! そんな最新の航空機を、私に。
      提督、感謝いたします!」
提督さん「いいよ。 あとでオレも見に行ってみようかな。
      あっ、そうだ。
      あのラジオは各地の鎮守府の提督が参加しててね。
      あちこちの海域の情報が交換されてるんだ」
翔鶴さん「はあ・・・」
提督さん「せっかくだし、妹ちゃんに呼びかけてみるかい?」
翔鶴さん「・・・え? 瑞鶴に?」
提督さん「妹ちゃんの情報を知ってる人がいるかもしれないし、
      もしかしたらね、妹ちゃんが聞いてるってこともある」
翔鶴さん「あっ、はい! 私やります! 頑張ります!」
提督さん「いいね、その心意気!」

提督さん「はい、補佐艦のお嬢さんの朗読でした!」
  電さん「あ、あの・・・まだ読み始めたところ・・・」
提督さん「また繋いでもらうときに続きを読んでもらうからさ。
      しおりつけといて」
  電さん「ふにゃっ!?」

提督さん「さて、ちょっと聞いてもらいたいんだけどね。
      行方が分からない妹ちゃんを探してる子がいるんだ。
      お姉ちゃんからの呼びかけが届いてくれると嬉しいね!
      さあ、よろしくどうぞ」
翔鶴さん「はい!
      あの、瑞鶴、聞いてるかしら?
      ずっと探しているの、でも見つけられないの。
      いまの手がかりは、海に出て行ってもだめじゃないかって。
      提督は、あちこちの工廠で見かけるらしいって教えてくれた。
      いったい、どこにいるの?」
提督さん「そうだなぁ。
      妹ちゃんを海で見かけたって話がないんだよなぁ」
翔鶴さん「こちらの司令部は居心地いいのよ?
      私たち航空戦隊の大好きなボーキサイトがたくさんあるの。
      瑞鶴も好きでしょ?
      でも、たくさん食べる先輩がいるの。
      みんな食べられないように気をつけないといけないの」
提督さん「あのお嬢さんがなぁ。 ばくばく食べるからなぁ。
      ってかね、そんなこと思ってたんだな」
翔鶴さん「あのね、さっき提督から教えてもらったの。
      私、新型の艦載機の訓練をすることになってね。
      試験が終わると、そのまま使っていいみたい。
      流星改っていうんだって。
      九七艦攻の次の次の次・・・だったかしら。
      すごいでしょ、興味あるでしょ、ね、瑞鶴?」
提督さん「こりゃまいったね。
      司令部が秘匿してる航空機の情報を喋っちゃったよ」
翔鶴さん「あら、秘匿だったのですか?」
提督さん「ちゃんと飛ぶのか分からない試作機なんだぜ?」
翔鶴さん「きっと大丈夫です! 提督が持ってきたのですもの」
提督さん「いや、まぁね、信頼してくれてるのは嬉しいさ。
      だが、お偉いさんにナイショで試作してもらったんでね」
翔鶴さん「それは聞いてないですね。
      あの・・・、ごめんなさい。
      だって、知らなかったんですもの」
提督さん「いや、いいけどね。
      どのみち量産化すると工廠ルートで情報は出回るしさ」
翔鶴さん「それでは、提督!
      妹の、瑞鶴のため、はやく量産してくださいね!
      ねえ、瑞鶴?
      聞いていたら、はやく訪ねてきてね。
      それか、はやく見つけてもらってね。 待ってるから」
提督さん「それじゃ、妹ちゃん! 聞いてたら連絡よろしく!」


提督さん「ふぅ。 いつも思うことだけどね。
      翔鶴の嬢ちゃんは、ほんと勢いがあるっていうかね。
      妹のことになったら、なりふり構わなくなるな」
  電さん「あ、あの・・・とても大切に想ってるってことなのです」
提督さん「ま、わかるけどね。
      暁のお姉ちゃんだって、お前さんのことは気にしてたし」
  電さん「ふにゃぁ、照れるのです。
      それで、あの・・・、さっきの童話のこと」
提督さん「世界の名作、人魚姫だな」
  電さん「司令官さんが持ってるの・・・、不思議なのです」
提督さん「ん? ああ、それね。
      みんなが戦ってる敵さんの司令部って人魚なんだよ」
  電さん「はわわっ! 研究資料!?」
提督さん「なんちゃってね。
      すぐに眠くなりそうな本を買ってきただけさ」



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。