So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

提督さんと酒匂さん。 [艦隊これくしょん]

提督さん 【 Lv 107 】・・・頃の出来事。

春イベント E-5 報酬の先行キャラ、酒匂さんが改造可能な
Lv35 になったので改造しようと思ったものの、キラキラ全開
だったので、もったいないな~と遠征でキラキラを使い切った(@ぐらさん)

気がつくと Lv37 でした(こなた)

阿賀野型では酒匂さんは胸のほうが控えめに見えますけど、
けして胸が控えめなわけでなく、ぽよんぽよん型な気がする(@あらやだ);;
kc_0264a107.jpg


オレ提督さんの司令部だと、阿賀野さん Lv48、能代さん Lv48、
矢矧さん Lv52 なので、追いつくのは遠い日のことではなさそう(ん)b
kc_0264b107.jpg


一周年アップデート直後はゲームの動作が危なっかしい感じで、
改造したあとのキャラクター画面とか出てこない状態でしたけど、
今は大丈夫っぽい・・・というか、表示を待つ時間が伸ばされた?(@まじ)
kc_0264c107.jpg


酒匂さんは史実で装備を引っぺがされたようなので、改造後は
何もついてなかったり・・・、でも、お姉さんたちの 15.2 連装砲が
たくさん余ってるし、そのへんと爆雷ソナーを使う感じになりそう(ん)b
kc_0264d107.jpg



あとは、おまけの落書き(こなた)



提督「あのさ、酒匂ちゃんっての、お前さんのことかい?」
酒匂「ぴょん? どこから話してるの~?」
提督「でっかい箱の鍵穴みたいなトコ」
酒匂「あっ、ちょこっとお外が覗けるところね♪
    どれどれ~・・・んん?
    ぴゃあああっ、なにか睨んできたぁぁぁ!」
提督「そいつは覗き込んでるオレの目玉じゃないかね。
    しかし、その口癖、話に聞いてたとおりだな。
    ぴゃーとか、ぴょーとか、面白い喋り方をするんだろう?」
酒匂「あっ、ひどーい!
    で、あなた、誰?」
提督「オレかい? お散歩中の艦隊司令官さ。
    このへんの敵さんの掃討作戦を指揮してるんだ」
酒匂「ぴゃあ!? 司令!
    酒匂っていうの、よろしくね!」
提督「いいね、可愛らしいご挨拶だ。
    ぜひともお友達になってほしいところ。
    司令部でお茶でもご馳走したいところだけどね。
    残念だが、今はご招待できそうにない」
酒匂「えぇ~どうして~?
    あたしも連れてってよ~」
提督「お前さんが入ってる、このでっかい箱なんだがね。
    どうやら鍵が掛かっているみたいなんだ」
酒匂「ぴゅー・・・なんとかして開けてよ~」
提督「それができたら提督のみんなだって苦労しないよ。
    それに、この箱は艦隊のお嬢ちゃんたちの戦利品のハズだ。
    オレがお手柄を持って帰るわけにもいかない」
酒匂「あっ、そっかぁ~、司令官だもんね♪」
提督「そういうこと。
    せっかくの褒めてもらえるチャンスを奪うなって怒られるさ。
    もうしばらく囚われのお姫さまの気分を楽しんでいてくれる?」
酒匂「大丈夫かなぁ~、ちゃんと出してもらえるのかな~」
提督「ああ、それなら心配ないね。
    うちの司令部のお嬢ちゃんたちなら連れ出してくれる。
    お姉ちゃんたちとも、近いうちに会うことができるさ」
酒匂「あっ、矢矧ちゃん、司令と一緒にいるんだね~♪」
提督「阿賀野ちゃんと能代ちゃんもいるよ。
    みんな揃ってるからさ。
    あとはお前さんだけってこと」
酒匂「ぴゃあっ! そっかそっか~♪
    うん、分かったよ~、待ってるからね!」
提督「ちゃんと良い子で待っていたら、そうだな。
    なんでもお願いを聞いてやるさ。
    だから、もうしばらく待っていてくれる?」
酒匂「はぁ~い、お留守番なら得意なんだからっ♪」

・・・・・・・・・・。

提督「な? オレが話したとおりだろう?
    あっちの島にさ、でっかい箱、あっただろう?」
大和「はっ、はい、確かに・・・箱が。
    あの、提督・・・どうして知っていたの?」
提督「鍵が掛かっていただろう?」
武蔵「ふふっ、この武蔵の主砲があれば鍵などいらんな」
提督「あれま。 ふっ飛ばしたのかい?
    大事なものが入ってたんだが、中身は大丈夫かね」
加賀「あっ、それなら心配ないですよ。
    このとおり、勲章がたくさん!
    それと、こちらのかたと」
酒匂「ぴゃんっ♪
    あなたが司令? 酒匂です、よろしくね♪」
提督「ああ、ちゃんと無事で良かったよ。
    さて、みんな、この春の大作戦は全て片付いた。
    ゆっくりと休んでくれ」

酒匂「ぴゃぁぁぁぁぁ♪
    しれぇ~、会いたかったよ~。
    きっとお迎えしてくれるって信じてた!」
提督「ああ、ちゃんと約束しただろう?
    それで、良い子で待ってたかい?」
酒匂「うん! ちゃんと良い子で待ってた~♪」
提督「だったら、ご褒美をあげなきゃあ。
    さて、どんなのが希望か、話してみな」
酒匂「あたし、お腹がぺこぺこだなぁ~。
    なんでも食べたいものを言っちゃっていい?」
提督「お食事か。 これからだったら晩飯だなぁ。
    よし、フルコースディナーでも満漢全席でもいいぜ。
    どんなお店だって予約してやるさ」
酒匂「それじゃ、司令!」
提督「え? どういう意味?
    オレが、お前さんに、私を食べて、ってことかね」
酒匂「ぴゃあ! 違うよぉ~」
提督「もしかして、お前さん、深海棲艦だって言うのかい?」
酒匂「ぴゅう・・・違うよぉ~。
    司令と一緒なら、なんでもいいよってこと♪」
提督「ああ、そういうことね。
    なんとも可愛らしいリクエストじゃないの。
    それじゃ、行きつけのラーメン屋でいいかね。
    おもしろい店を知ってるんだ」
酒匂「ラーメン!
    ラーメンかぁ~、ぴゅー・・・」
矢矧「酒匂!」
酒匂「あっ、矢矧ちゃん、やっほぉ~♪」
能代「ねえねえ、酒匂が見つかったって!?」
酒匂「あっ、能代ちゃん!
    あれぇ~、阿賀野ちゃんは?」
能代「あっ、うん・・・阿賀野姉もね、ちゃんといるよ。
    ちょっとね、もたもたしてるの。
    だからね、置いてきた」
酒匂「ぴゅ~ん・・・まぁ~阿賀野ちゃんは、ねぇ~。
    もちもちしてるから♪」
提督「お前さん、なかなか言うねぇ。
    そいつはオレが言ったら補佐艦ちゃんから警告だな」
酒匂「あっ、司令!
    能代ちゃんにカレー作ってもらおうよぉ~♪」
提督「え? それでいいのかい?
    いや、オレは構わないけどさ」
酒匂「ぴゅ~、いいよぉ~♪」
提督「それじゃ、能代ちゃん、今からカレーを作ってくれる?
    これ、命令だから」
能代「あの、どういうことなの?」
酒匂「司令がねぇ~、なんでも食べていいって。
    あたしと約束してくれたの、ぴゅう♪
    だから、能代ちゃんはカレーを作るんだよ~」
能代「あっ、うん。
    それは・・・阿賀野姉の夕飯のこともあるし。
    いいんだけど・・・」
矢矧「あの、提督・・・、提督!」
提督「ん? なにかね」
矢矧「いったい、どういうことですか」
提督「いや、オレにも話の流れがよく分からないんだ。
    ここは、お姉ちゃんたちと感動のご対面じゃないの?
    さっきからオレの手を掴んで離してくれないんだが」
矢矧「どう見ても、提督と出会えたほうを喜んでますよね?
    なぜ私たちじゃないんでしょう、提督」
提督「いや、問い詰められたってさ、オレにも分からないんだ。
    お姉ちゃんだろう? お前さんから妹ちゃんに聞いてよ。
    オレは壁越しに話したことがあるだけで、初対面なんだ」



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 1

Viagra vs cialis

沒有醫生的處方
cialis canada http://cialisvipsale.com/ Cialis reviews
by Viagra vs cialis (2018-04-14 07:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。