So-net無料ブログ作成

提督さんとアニメ02話。 [艦隊これくしょん]

提督さん 【 Lv 115 】

テレビアニメの艦隊これくしょん 02 話の感想など(ん))

ネタバレ回避のタイトル撮り(こなた)
続きを読むを押すとネタバレ解放区です(@ぐらさん)
kc_0369b115.jpg

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

感想(ん))

第 02 話は何となく引っ掛かっていた 01 話のモヤモヤした感覚は
一切なく、艦これアニメに望んでいた雰囲気の一部がきっちり再現
されていたものでした。毎週こんな感じなら良いと思いました(@にや)

内容は、最初から最後まで鎮守府のなかで、寮生活、学校、集会、
ゲームと違った個別指導タイプの演習、入渠(と言えば艦これ的な
表現ですけど、つまりお風呂)、ただの日常アニメなのでした。

少しだけ長門と会話する場面で提督(の視点)が出てきたかな(こなた)

kc_0369a115.jpg

ゲームで表現するところの第 1,2,3,4 艦隊に配属している艦娘たち、
また入渠ドックにいる艦娘たちは、提督の指揮下にあるので、なにか
命令を実行している状態ですけど、その他にたくさんいる艦娘たちは
鎮守府のどこで何をしているのか、ゲームのシステムでは分からない
です。断片的に時報ボイスなどを通して生活が想像できる艦娘も一部
いますけど、そのところを映像にしてくれることを期待していました(@にこ)

ですので、ゲームシステムに依らない場面が大部分だった第 02 話は
とても満足なストーリーだったと思います。・・・細かいところとか
ツッコミを入れると、那珂ちゃんの新曲らしいアピール場面あたりは
作画があやしかったけど・・・。BD で修正されそうな気がする。

ただ、やはり艦これアニメはゲーム提督へのファンサービス的な位置
付けみたいだな~と・・・。第 01 話でソロで魚雷をぶっ放して敵を
撃沈した那珂ちゃんが、第 02 話で吹雪に魚雷の撃ち方を教える為に
北上を探していて、たしかに大井と北上の制服を見ると雷巡ですから、
魚雷については軽巡よりも格上の扱いなのは納得できますけど、その
説明は一切ないのでした。もしかしたらアニメの大井と北上の制服が
アイボリーカラー(改二)じゃないので、軽巡だと思っている提督も
いるんじゃないかな~と思ったりします。軽巡時代は半袖の制服です(ん)b

提督が透明なので、提督あるあるは難しそうだと、第 01 話の感想で
書いたのですけど、艦娘あるあるは再現されていて、赤城の入渠時の
ドック(大浴場の一人用湯船)のタイマーが 15 時間。さすが赤城と
笑ってしまう場面があって、これは中破かな~と思いました。ただ、
長い入渠時間に赤城があんなことをしていたとは・・・。あのような
アニメならではの舞台裏を見られることを期待していたので、とても
満足です。艦娘あるあるネタは、たくさん盛り込んでほしいです(こなた)

入渠シーンでは高速修復材が出てきましたけど、バケツに書いてある
文字を見れば高速に修復するアイテムらしい、くらいは予想が付くと
思います。ただ、入渠システムを説明しないので、ゲームを知らない
人は、どんな流れになっているのか、どうして吹雪がタイマーを見て
驚いているのか、さっぱり分からなさそうです。

また、二次創作で見られる足柄さんの飢えた狼(恋愛的な意味で)の
恋活(?)ネタ設定がアニメに盛り込まれていて、そのプライベート
情報が、あろうことか鎮守府の一部で噂されているようです。まさか
如月が教室で被弾するとは・・・。それと、赤城さんは大食いでした(@あらやだ)

透明な提督は・・・、やっぱり違和感しかなかったです(@気まずい)
美少女ゲームでは見慣れている透明な主人公の「ゲーム的挙動」を
しているので、何を表現しているのかは分かるものの、ゲームだと
表示される「主人公の言葉」が出なくて、ただ黙ってるだけなので、
なんだか選択肢でも出てきそうだな~とか、思ってしまうのでした。

ゲームでは主人公が透明ならプレイヤーの意思によって動いている
場合が多いので、操作した事実が言葉のような意味を持ちますけど、
ただ見ているだけの画面が縦に揺れたりすると、頷いたという演出
だとは分かりますけど、なんか微妙・・・。オープニングを見ると
大和がすでに着任済み、または、いずれ着任するほどの提督なので、
やり手で寡黙、眼を見て理解せよ!って提督かなと想像しています(ん))

ひとつ大きな不満が・・・、響にハラショーばかり言わせないでほしい(@いかり)

さて、第 03 話は「W島攻略作戦!」というタイトルでした。この
「W島」はアニメの適当な設定かもしれないし、何らかの史実的な
作戦かもしれないです。任されるのは水雷戦隊なので、ウェーク島
ということなら、2014 春イベント E-4,5 のピーコック島の作戦に
あたります。水雷戦隊の出番なので E-4 パートになるでしょうか。
史実では如月が沈んでいる作戦ですけど、今回、任されているのは
吹雪がいる第三水雷戦隊なので、如月の出番がないということなら、
縁起の悪いフラグは回避できそうです。

第 03 話というと、ヒロイン格の一人と思っていたら、パクッと頭を
食べられてしまったキャラクターとか、いたじゃないですか(こなた)・・・


以下、おまけ(こなた)











ニコニコ動画に、艦これ 01 話の MAD 作品として、こういうのがありました(ん)b



第 01 話を見たときに感じていた、緊迫感のなさ、音楽の印象のなさ、という
部分が、ある意味でフォローされている映像なので、戦況は理解できました。

アニメと違い、同じ映像でも迫力が全然違います。そこから察すると、映像や
シーン構成は悪くなかったのだと思いました。

ただ、公式アニメが妖精を喋らせることは有り得ないと思うので、このような
過度の音声情報を取り入れるのは無理だろうな~と・・・。でも、SE や音楽は
盛り上げても良かったんじゃないのかな、と思いますけど、選ばれてるBGM は
戦いの高揚感よりも、戦いの寂寥感のほうでイメージされていたような感じが
しました。もしかすると戦闘シーンの解釈が制作側と視聴側で少し違うのかも
しれないです。ゲームでもボス拠点の音楽は道中と異なっているので、特別な
戦いである、という印象がありますけど、アニメでは意味が違っているのかも(@まじ)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。